SPI3 NEWS SPI3ニュース

適性検査を比較したいけど、どんな観点で考えればいいの?

2017年12月04日業界トピックス

適性検査の選び方を知って「最もよい適性検査」を探そう

適性検査を導入しようか迷っている方、いろいろな適性検査を比較したい方に向けて、適性検査の種類や、適性検査を選ぶときに気を付けたいポイントをまとめました。

そもそも、適性検査とは?

そもそも適性検査とは、何なのでしょうか。「一定の行動や職業に対して、どれほど適した素質をもつかを測定する検査」、広辞苑(第六版)ではこのように定義されています。性格や能力などの資質的な側面から、一定の行動や職業に適しているかどうかを予測する検査という風に言い換えることもできそうです。

こうした適性検査は、日本の新卒採用や、近年では中途採用でも広く用いられており、主に面接時の人物特徴の把握や大量の応募者を効率的に選抜する目的で使用されています。

採用で使われる適性検査の種類

05_img_01.jpg

日本の民間企業によって、はじめて採用目的で独自に作られた適性検査が、リクルートの適性検査SPIです。たまに「適性検査すべてのことをSPIというんだと思っていました」という人事ご担当者様がいらっしゃいますが、SPIはリクルートが提供している適性検査のことを指します。SPIは最も利用されている適性検査ですが、SPI以外にも採用で使われている適性検査の種類は増えており、さまざまな適性検査提供企業が存在しています。

「適性検査の内容」「適性検査の実施方法」について、どのような種類があるのかお伝えします。

適性検査の「内容」の種類

適性検査の内容には、様々な分類の仕方があり、多くの種類が存在しています。採用場面においてよく利用される適性検査には、大きく分けて「能力検査」「性格検査」「興味・指向・意欲検査」の3種類があります。それぞれの測定内容と測定手法について簡単にまとめてみました。

05_img_02.png

1.能力検査

<測定内容>
「能力」と一口にいっても、その測定内容は多岐に渡ります。その中でも、採用時に主に利用されているのは「一般知的能力テスト」と「知識テスト」です。

  • 一般知的能力テスト...
    思考力や判断力などと関連の深い、汎用的な知的能力を測定するテストで、職務遂行能力と関係が深いと言われています。こうしたテストは、言語的な側面(語彙の理解や文章構成や要旨を的確に捉える)、論理思考的な側面(情報を元に的確な判断を導き出す)、数量処理的な側面(計算能力やグラフや表を正確に解釈する)を元にして構成される場合が多いようです。ちなみに、SPIはこちらの「知的能力」を測定するテストに分類されます。
  • 知識テスト...
    一般常識や専門的な知識、技術を蓄積した量を測定するテストです。

知識テストは、これまで蓄積してきた知識や技術を測定するという意味では、「過去」に関する評価という側面をもっている一方で、一般知的能力テストは、新しい知識を学習する力、蓄積した知識を応用する能力を測定するという意味で「将来」の可能性を測定するという側面をもっています。

<測定手法>
回答形式の違いから「客観式」と「記述式」の大きく2つに分類することができます。

  • 客観式...
    選択肢の中から正答を選ぶ形式で、事務的・機械的な採点が可能であるというメリットがあります。一方で、問題作成には専門の技術が求められるうえ、問題の良しあしを判断するための事前のデータ収集や統計的な分析が必要になります。
  • 記述式...
    受検者に自由記述を求める形式で、問題作成が比較的容易で、表現力や文章構成力等の測定が可能であるというメリットがあります。一方で、採点に労力がかかる上、採点者の主観的な判断が入ってしまう可能性があり、事前に採点基準の明確化や採点者のトレーニング等が必要となります。

2.性格検査

<測定内容>
性格検査は提供会社によって内容や背景となる理論がさまざまです。基本的には「尺度」とよばれる人物特性を表す項目があり、各尺度の得点の高低で性格特徴を示すものが多いです。報告書を見ることで、どのような内容を知ることができるのかがわかるので、適性検査を検討するときには確認してみてください。

<測定手法>
採用時に利用される主な性格検査の形式は、「質問紙法」「投影法」「作業検査法」の3つに分類できます。

  • 質問紙法...
    多数の短い質問にハイ/イイエ等の選択式で回答を求めるもので、人事用テストとしては最も一般的です。実施や結果の解釈・判断が比較的容易で、受検者の体調や気分の影響も比較的受けにくいというメリットがあります。一方で、回答を意識的、無意識的にゆがめることが可能であるという側面をもっており、回答態度のゆがみを測定する専用の質問項目の導入、また回答傾向全体からゆがみを検出するといった仕組みを導入することで、そうしたデメリットを回避しています。現在の日本の採用場面においては、実施や解釈の簡便さから、質問紙法が用いられることが多く、SPIも質問紙法です。
  • 投影法...
    あいまいな刺激に対する回答にあらわれる個人差から性格を捉えるものです。インクのしみを見せて、それが何に見えるかを回答するロールシャッハ法や、木の絵を描かせるバウムテストが代表的なものとしてあります。投影法は深い人物理解が可能である一方で、実施時間や採点時間が長く、結果の解釈にも専門的知識が求められるため、人事用テストとして利用される場面は少ないようです。
  • 作業検査法...
    比較的単純な作業を連続的に課し(たとえば、3+5=8のような計算を膨大に行うなど)、その作業量の変化から性格を測定するものです。質問紙法とはやや異なる性格的側面を測定でき、作為回答がしづらいというメリットがある一方で、検査結果の診断には専門的な知識が求められることになります。

3.趣味・指向・意欲検査

これらはいずれも、個人の動機的な側面に着目する検査です。様々な分野の職業や職務に対する「好き・嫌い」やいくつかの職務内容に従事したいかしたくないかといった内容を測定しています。

適性検査「実施方法」の種類

05_img_03.jpg

適性検査の提供会社により、選択できる実施方法はさまざまですが、大きく4つの方法があります。(一般的な内容およびSPIでのご提供内容を記載しているため、詳細は適性検査提供会社により異なります)

1.テストセンター(パソコン受検)

テストセンターとは、適性検査の提供企業が運営する各地の会場に受検者が出向き、パソコンで受検する方法です。企業は受検者情報を管理システムに登録し、受検期間を指定したうえで受検者に案内メールを送るだけなので、適性検査実施の手間(試験監督や会場準備など)やコストを削減できます。さらに、会場では本人認証を徹底しているため、不正受検も防止できます。

2.WEBテスト(パソコン受検)

WEB形式は、受検者の自宅などのパソコンで適性検査を受検する方法です。テストセンターと同じく企業側の手間やコストを削減できます。さらに受検者が会場に出向く必要がないため、応募者が遠方に住んでいる場合や、応募者の都合がつきにくい中途採用などで、受検者の負担が少ない点がメリットです。

3.インハウス(パソコン受検)

インハウス形式は、企業のパソコンで適性検査を受検する方法です。企業側で適性検査受検のパソコンや会議室を用意する必要はありますが、マークシートと比べると実施時間が少なく、時間の管理などもパソコン上で行ってくれるため、試験監督の負荷は少なくて済みます。即時で結果がわかるので、適性検査の受検後すぐに結果をダウンロードし、面接に臨むことができます。応募者を何度も呼び出すことが困難な中途採用でおすすめです。

4.ペーパー(マークシート受検)

おなじみの、マークシートで受検する方法です。適性検査提供会社によって、人事の方がご自身で採点するタイプや、適性検査提供会社が運営する採点センターに回答済のマークシートを送付するタイプなどがあります。

最近は人事の負荷や学生の受検負荷を考慮し、マークシート形式からパソコン形式へ主流が移ってきています。

適性検査を比較するのは難しい ~適性検査選びの失敗談~

このようにさまざまな適性検査が存在する中、「どの適性検査も同じに見えて、違いがわからない」「料金や実施時間くらいしか比較するポイントがわからない」といった声をよくお聞きします。

よくわからないまま、とりあえず適性検査を導入してみたものの「あまりうまくいかなかった」という下のイラストのような失敗談は、思わず「あるある!」とうなずいてしまう方も多いのではないでしょうか?

tekiseikensa_hikaku.jpg

適性検査は目に見えないものを測定しています。また、使った適性検査がよかったのかどうかは、「採用した人が仕事で成果を出している」「元気にイキイキ働いている」という状態として現れるため、即時的な利用効果が見えにくいのも特徴です。だから、目に見える価格や利用時間だけで選びがちなのです。

私たちは、適性検査を「企業や学生・転職者の将来を左右するツール」だと考えています。だからこそ、価格だけで選ぶのではなく、中身もしっかり比べて選んでいただきたい。ここからは、適性検査を比較検討するときに、費用や実施時間に加えてチェックしたほうがよいポイントについてお伝えします。

「最もよい適性検査」はありません

どんな企業であってもおすすめできる、一般的に「最もよい適性検査」というものが存在すれば、ぜひお伝えしたいのですが、残念ながらそのような適性検査は存在しません。なぜなら、使う目的によって最適な適性検査は変わるからです。

こんな話をすると、「使う目的によって異なる?ただ、いまの採用をよくしたいだけなのに!そんなに難しいことなら、うちにはまだ早いかな・・・」という声が聞こえてきそうです。でも、安心してください。「まず使ってみたい」方のためのチェックポイントもご用意しています。

適性検査を比較するときに重要な観点は、大きく2つあります。

1.問題内容や測定内容が、適性検査の利用目的や対象者に対して適切か

2.適性検査そのものの品質が十分高いか

画像1.JPG

1は、先ほど述べた「適性検査を利用する目的によって、最適な適性検査は異なる」ということです。「誰に(学生、転職者、社員など)」「どのような場面で(面接の参考、スクリーニング、昇進昇格など)」実施し、「何を見たいのか(人柄、地頭の良さ、要件との合致度など)」を明確にすることが、本来的には望ましいのです。

適性検査を利用するのが初めてで、1のようなことはまだ決まっていないという場合は、2を確認することからはじめましょう。「採用人数も少ないし、そんなハイレベルなものは必要ない」という声もたまにいただきますが、人数が少ないことと品質を重視しないことは関係がありません。むしろ少人数だからこそ1名採用するインパクトは大きいですし、そもそも結果が信頼できない適性検査では、適当に合否を出すのとなんら変わりありませんから、実施する意味がありません。
このあとは、2の観点について、誰でも確認できるチェックポイントをお伝えします。

適性検査の品質をチェックしよう ~4つの比較ポイント~

適性検査には一般的に担保されるべきとされる品質があります。以下の4つの観点は、導入の目的に合っているか以前に、満たしていないと実施の意味をもなくしてしまうかもしれない重要なポイントです。適性検査を比較する際にはまず、以下の観点を満たしているかを確認してみましょう。

画像2.JPG

1. 実績社数・受検者数はどのくらい?

  • 年間利用社数・受検者数
  • 業界・従業員規模・受検者層のばらつき

実績が多いと安心ということもありますが、適性検査の場合は受検者数の多さと幅広さが検査結果の信頼に直結します。例えば「能力が60点」という検査結果が出ても、それが高いのか低いのかはわかりません。周囲が30点台ばかりであれば「高い」、周囲が80点台ばかりであれば「低い」となります。このように、適性検査で測定している人の特性は絶対的な基準が存在しないため、「大学生全体と比較してどのレベルか?」「社会人全体と比較してどのレベルか」といった何らかの比較対象を置いて結果を算出する必要があります(中には、点数をそのまま表示する適性検査もありますが、レベルが把握できないため誤った判断を招く可能性があります)。その際、「全体のレベル」の根拠となるのはその検査を受検している受検者データです。受検者数が多く偏りがなければ、そのデータの平均やばらつき度合に「ぶれ」が少なくなり、適性検査の結果を安心してみることができます。

2. 実施するためにかかる企業・学生の負荷は?

  • 適性検査の実施準備・実施にかかる人事の手間はどのくらいか?
  • 学生にとって負荷の少ない実施方法か?
  • 検査の結果を見るまでにどれくらい時間がかかるか?
  • 企業・受検者が困った時に問い合わせできるサポート体制があるか?

適性検査を実施するために、今以上に無駄な手間や時間がかかってしまっては意味がありません。何か困ったことがあったときに気軽に相談できるサポート体制があると、初めての適性検査でも安心です。

3. 報告書がわかりやすいか?

  • 初めて適性検査を見る場合も、見方がわかるか?
  • 活用のためのサポートツールが十分に用意されているか?

報告書の読み取りやすさは、適性検査を使いこなせるかどうかに直結します。「情報量が多いと、いろいろな結果が確認できておトク!」と思いがちですが、いくら情報がたくさんあっても、結果が読み取りにくいものは結局使いこなせずに無駄になってしまいます。「大は小を兼ねる」と言いますが、適性検査では情報が多すぎるのも困りものです。「選考で確認したい観点が、理解しやすく表現されているか」をきちんとチェックすることが重要です。

4. 結果が信頼できるか?

  • 質問数は十分な数あるか?
  • 「信頼性係数」を公表しているか?
  • 入社後の活躍度との関連性を調査しているか?
  • 問題内容が定期的に見直され、メンテナンスが行われているか?

実績社数・受検者数に加えて、チェックしたほうがよい観点です。質問数の少ない適性検査は検査時間も短く手軽で、一見よく見えますが、1問に対する答えが結果全体に与える影響が大きいため、受検するたびに大幅に点数が変わるということが起きかねません。このように、ぶれの大きい適性検査は実施の効果がなく、本末転倒です。
ちなみに「信頼性係数」とは、適性検査の結果の"ぶれ"の度合い表す指標で、高ければ高いほど結果が安定していて信頼できることを表しています。適性検査の信頼性係数は、一般的に「0.8以上」の水準が望ましいと考えられており、SPIの各尺度ごとの信頼性係数は0.8以上の水準を担保しています。

応募者と企業の未来を決めるツールだからこそ、適性検査はしっかり選びたい

適性検査を検討する際に、知っておいていただきたい比較の観点をお伝えしました。適性検査は、応募者にとっても、企業にとっても、結果がこれからの人生を左右する、影響力の大きなツールです。だからこそ、採用の確かな根拠となるような、「貴社にとって最もよい適性検査」に出会えるようにと願っています。

適性検査SPI TOPへ戻る