1. TOP
  2. 特集・コラム
  3. コラム-採用
  4. 【短期決戦型】13卒採用成功のポイントとは?vol.2 -絶対に押さえたい面接のコツ-

コラム-採用

2012年02月【短期決戦型】13卒採用成功のポイントとは?vol.2 -絶対に押さえたい面接のコツ-
~面接が例年より難しくなるって本当?~

採用面接が難しい理由

採用面接における応募者や面接者の言動は、様々な要因の影響を受け形成されています。たとえば応募者の言動は、応募する会社や仕事の情報、自身の就職活動の状況などが複雑に絡み合った心理的プロセスによって左右されるほか、面接者の風貌や表情、質問内容などによっても影響を受けることが知られています。

 一方の面接者においても、自社の採用方針や労働市場の動向に関する認識に加え、自身の人物観や経験、面接スキルなどにもとづいて質問や応答を行い、更に応募者の言動に呼応する形で柔軟に面接を展開していくのが普通です。

 次の図1は、面接者と応募者の心理変化と面接でのやりとりを整理したものです。たとえば、ある企業が採用人数を縮減したとします(①)。この場合、面接者が応募者を見る際に、厳選採用であるがゆえに例年より厳しく見ようという意識が働き(②)、質問もより鋭いものになりがちです(③)。これに対し応募者は、面接者の厳しい質問や、就職活動における自分の困難な状況(④)に影響を受け、「少しの失敗も許されない!」という心理状態に追い込まれ(⑤)、必要以上に慎重になり口数が少なくなります(⑥)。その結果面接者は、「積極性に欠ける型にはまった学生だ」と感じてしまいます(⑦)。

面接者と応募者の心理変化と面接でのやりとり(一例)

このように、採用面接とは面接者と応募者が影響を及ぼし合う"ダイナミックな場"であることを理解する必要があります。応募者の評価が面接者によって大きく異なることがありますが、これも面接者の人物評価眼の違いだけでなく、面接者によって醸成される"場"の違いによるものと考えられます。個人面接では元気でハキハキとした印象だった学生が、役員面接でおとなしい印象になってしまうケースなどは最も端的な例と言えるでしょう。

 次章では、このようなデリケートな特性をもつ採用面接において、"面接者が陥りやすい誤り"をいくつかご紹介します。

  • ReCoBookBlog
  • リクナビダイレクト 掲載料、採用決定料0円
  • リクナビ2017 掲載企業数NO.1!
  • 人事向けノウハウサイト 採用成功ナビ 新卒
  • 中途採用なら 採用成功ナビ
  • リクルートキャリアのサービス紹介サイト 人事採用ナビ
  • 就職SHOP

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ