1. TOP
  2. テストセンターとは

多くの企業・学生から支持されているリクルートのテストセンターサービスとは?

  • 年間6,310社利用
    2004年からテストセンターを展開。受検者数は、SPIの実施方法で最も多い73万人。受検者・人事ご担当者から圧倒的支持をいただいています。
  • 1日15,000席
    混雑状況に応じてキャパシティを調整できる常設エリアの会場と、アクセスしやすい全国47都道府県の臨時会場で、受検しやすいテストセンターを提供します。
  • 学生からの多大な支持
    SPIテストセンターは、当日1時間前まで予約・キャンセルが可能。「効率的に就活できる!」という多くの学生の声が届いています。

テストセンタ-実施の流れ

  1. 1.受検案内のメールを送信

  2. 2.受検者がパソコン・スマートフォンで性格検査を受検

  3. 3.受検者がテストセンター会場を予約

    イメージ図:テストセンター会場を予約

    受検者が直前まで予約・変更・キャンセル可能

    受検機会を最大にするため、受検当日の1時間前まで予約や変更を受け付けています。「再受検依頼や問い合わせ対応の負担が減る」と人事ご担当者からもうれしい声が届いています。

    前回結果送信が大好評

    6000社以上のご利用実績があるSPIテストセンターは「一度は受検したことがある」学生がほとんど。多くの企業でご利用いただいているからこそ、効率的な就活に便利な「前回結果送信」が、大きなメリットになっています。

  4. 4.受検者がテストセンター会場受検

    テストセンターはどんなところ?

    • 受付
      受付

      常設会場+臨時会場で1日15,000席

      テストセンターでは「いつでも予約をとりやすいこと」が重要。混雑状況に応じて席数を調整できる常設会場を設置しているSPIテストセンターでは、「予約がいっぱいで受検できない!」事態を防止します。さらに今年は受検者の利便性を高めるため、全都道府県に3~4月限定の臨時会場をご用意しました。

    • 受検
      受検

      テストセンター専用問題で、品質を担保

      SPIテストセンターでは、毎年完全に新しいテストセンター専用の問題を投入し、高い品質を維持しています。これができるのは過去の豊富な回答実績をもとに、「どのレベルの受検者がどの問題を解けるのか」を精度高く予測できるため。専用の問題を専門の開発部が作り続けるからこそ、高い品質の検査をお届けできるのです。

  5. 5.結果を即時ダウンロード

気になる料金は?選べる4つの料金プラン

少人数実施なら...基本料金0円の標準プラン 基本料金0円+実施料金5,500円 1名あたり
リクナビをご利用なら...50人受検まで定額50人定額プラン 基本料金20万円+実施料金0円 ※50名まで
大人数実施なら...年501人以上受検でお得大量割引プラン 基本料金50万円+実施料金4,500円 1名あたり
初期選考で大人数実施なら...結果を2段階でご報告ステップ報告プラン 基本料金50万円+ポイント報告2500円 1名あたり+フルデータ報告2,500円 1名あたり

基本料金と実施料金の図版 ※能力検査受検完了時に課金されます。

対象テスト SPI3-U(大卒用)・SPI3-G(中途用)・SPI3-H(高卒用)
SPI3-UとSPI3-Gには、英語能力検査をオプションで実施できます
実施時間 約65分(能力検査約35分・性格検査約30分)
報告時間 受検完了後即時

お問い合わせ・お見積りはこちら

採用担当者向け情報
  • メールマガジン 登録はこちら
受検者向け情報
  • テストセンター アクセス情報
  • SPIテストセンター受検の手引き
  • リクナビ
  • 求人広告・人材紹介の依頼・申込みはこちらから。リクルートキャリア人材採用ナビ
  • 就職SHOP

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ