1. TOP
  2. 特集・コラム
  3. コラム-定着 / 配属 / 育成
  4. どうすれば今の新人を効果的に立ち上げられるのだろう?

コラム-定着 / 配属 / 育成

2011年04月どうすれば今の新人を効果的に立ち上げられるのだろう?
~本人の特性にどれくらい目を向けることができていますか?~

肉食・草食を分ける4つのタイプが見えてきた

さらに、以下のような切り口で若手の特性を掘り下げています。

志向・価値観を分ける項目
表:志向・価値観を分ける項目

すると、仕事面での特徴に違いがある、以下のような4つのタイプに分類できることが見えてきました。
まず草食と肉食に大別でき、さらに草食には「こだわり派」と「しなやか派」、肉食には「コンサバ(保守)」と「ラディカル(急進)」という違いを見出すことができます。つまり、よくいう草食肉食という分け方だけでなく、草食の中にも柔軟性に富んだタイプもいれば、肉食の中でも安定保守的な一面を持ったタイプもいるということを意味しており、とても興味深い結果といえるでしょう。

タイプの主な特徴
表:タイプの主な特徴

さらに、そのタイプの分類比率に目を向けると

  • 草食と肉食は若手で7:3、管理職は逆に3:7
  • 新人・若手だけでなく中堅でも「こだわり草食」が一番多く、逆に「コンサバ肉食」は一番少ない

という点が特に目立ちます。昨今の若手に草食が増えているのではないか、という問いに対しての実証がある程度された結果ともいえますが、一方で管理職とメンバーの間に生じる意識のズレが、このタイプの分類比率の違いによって引き起こされているとも考えられるため、この点に注目した相互理解や働きかけを行っていくことが、新人の立ち上げには重要になってくるといえるでしょう。

年次ごとのタイプ割合
円グラフ:年次ごとのタイプ割合

さらに、「海外志向」や「管理職志向」などの具体的な志向における、各タイプの違いに注目してみるとどうでしょうか。下表の最上段にあるように「働く上で重視すること」にそもそもの違いがあり、その違いから生まれる「将来への見通し」の違いが、「管理職志向」などの具体的志向に影響を与えていることがよくわかります。そのことからも、このような若手の違いを捉えた、日ごろのコミュニケーションや仕事のアサインができているかどうかが、彼らの不安やモチベーションに大きな影響を与えると考えてよいと思います。

タイプごとの志向・価値観
表:タイプごとの志向・価値観
  • ReCoBookBlog
  • リクナビダイレクト 掲載料、採用決定料0円
  • リクナビ2017 掲載企業数NO.1!
  • 人事向けノウハウサイト 採用成功ナビ 新卒
  • 中途採用なら 採用成功ナビ
  • リクルートキャリアのサービス紹介サイト 人事採用ナビ
  • 就職SHOP

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ