1. TOP
  2. SPIをすでにご利用中の方

SPIをすでにご利用中の方

実施方法と利用の流れ

SPI3の実施方法を、実際の流れに沿って詳しくご紹介します。

  • テストセンター
  • インハウスCBT
  • WEBテスティング
  • ペーパーテスティング

SPI3を使いこなす

どのようなシーンでどのように活用できるのか、採点結果をどう見ればよいかなど、
適性検査SPI3を使いこなすためのノウハウをご紹介します。

  • 得点の見方
    採点結果の読み方を解説。SPIでは、全国平均と比べた特徴がわかります。
  • 用途別
    100%活用法
    スクリーニングだけではない、様々なシーンでのSPI3活用法についてご紹介。
  • オプション
    サービス
    はじめての方にも分かりやすい3種類のオプション報告書や、英語能力検査など、SPI3をより便利に使うためのオプションサービスについてご紹介。

SPI3の採点結果ってどこまで信頼できる?"SPI2"から"SPI3"になってどこが良くなったの?といった疑問にお答えします。

  • SPI3のよくある誤解と品質
    SPI対策本による事前準備の影響は?など、気になる疑問にお答えします。
  • SPI2からの変更点
    「オペレーション」「測定領域」「新オプションサービス」など、SPI2からSPI3への主な変更点をご紹介。

SPI3でせっかく採用した人材の、入社後の立ち上がりまでサポートする新サービス
「ReCoBook(レコブック)」がリリースしました。

ReCoBook 人事の悩みを解決するレコブックはこちら

ReCoBookは、新人と人事をつなぐWEBサービスです。ReCoBook(レコブック)を使えば、配属後の新人の
「ストレス・モチベーション」を定期的にチェックできます。状態が悪化した新人をタイムリーにフォローしたり、フォロー後の状態の経過を簡単にいつでも確認でき、人事の定着支援施策を強力にサポートします。

商品名 SPI2(ペーパーテスティング)検査内容
測定内容 性格
  • 行動的側面
  • 意欲的側面
  • 情緒的側面
  • 職務適応性
能力
  • 非言語
  • 言語
実施時間 約110分(能力検査:70分 性格検査:約40分)
料金 5,000円(税別)/1名あたり
  • ※SPI3で測定している「社会関係的側面」「組織適応性」は、SPI2では測定しておりません。
  • ※SPI3で提供している「オプション報告書」は、SPI2では提供しておりません。

SPI2 報告書サンプル



適性検査SPI3のTOPページに戻る

  • 受検者向け情報 SPIテストセンター受検の手引き
  • SPI3は、変わります。お客様から寄せられた声をもとに、全面リニューアル!

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ