1. TOP
  2. SPI活用ガイド
  3. 初期選考

用途別 SPI3 100%活用方法

お悩み1初期選考の合格基準を
どのように決めたらいいのかわからない

SPI3による解決

解決策1-1「SPI3要件明確化サーベイ」による意見集約

「SPI3要件明確化サーベイ」は、SPI3の尺度及び職務適応性・組織適応性の枠組を用いた社内サーベイです。人事部内やラインの管理者を対象として、「求める人材と自社の組織風土」に関するイメージについて聞くアンケート(回答時間:20分程度)を実施できます。集計結果をもとに討議を行い、人材要件を明確にします。

詳細は、資料請求フォームより「SPI活用ガイド 資料セット」をご請求下さい。

図表:「SPI3要件明確化サーベイ」回答シート/要件評定結果のサンプル
「SPI3要件明確化サーベイ」回答シート/要件評定結果のサンプル

解決策1-2活躍人材の傾向を明らかにする「G-P分析」

自社内で活躍する人材の特徴を調査・分析する方法によっても、人材要件を策定することが可能です。この方法では貴社社員にSPIを受検いただき、在職者の人事評価などとSPI結果の関連性について分析し、活躍人材の傾向をもとに人材要件を策定していきます。

詳細は、テスティングサービスセンターまでお問合わせ下さい。

在職者SPI3検査結果データを用いたG-P分析※ のイメージ
在職者SPI結果を用いたG-P分析※ のイメージ

  • ※ 受検者を高評価者(Good)群と低評価者(Poor)群に分け、両群の違いを分析する方法。
  • ※ 高評価群・低評価群それぞれ20名程度のSPI結果データが必要となります。

お悩み2採用人数が増え
適性検査の会場手配や試験監督などが負担に...効率化したい

SPI3による解決

解決策2「テストセンター」でのSPI3実施なら、負担はほとんどありません

テストセンターは、弊社が運営するSPI3専用受検会場のパソコンで受検する業界唯一の方法です。 会場手配・監督者・採点依頼など、適性検査実施実務のアウトソースにより、人事ご担当者の負担を大幅に削減します。

お客様の声

  • SPI3の実施にあてていた時間を、説明会の実施に充てることが出来るようになったので、説明会の回数を増やせた。
  • 会場費や人件費など、適性検査を実施するためのトータルコストが下がった。

テストセンターの詳細はこちら

その他のSPI活用方法はこちら



適性検査SPI3のTOPページに戻る

SPI活用ガイド
  • ReCoBookBlog
  • リクナビダイレクト 掲載料、採用決定料0円
  • リクナビ2017 掲載企業数NO.1!
  • 人事向けノウハウサイト 採用成功ナビ 新卒
  • 中途採用なら 採用成功ナビ
  • リクルートキャリアのサービス紹介サイト 人事採用ナビ
  • 就職SHOP

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ