1. TOP
  2. 特集・コラム
  3. コラム-採用
  4. 【短期決戦型】13卒採用成功のポイントとは?vol4. -次年度に活かせる「振り返り」方法-

コラム-採用

2012年05月【短期決戦型】13卒採用成功のポイントとは?vol4. -次年度に活かせる「振り返り」方法-
~人数だけの振り返りで満足していませんか?~

次の採用につながる効果的振り返り手法の具体例

たとえば、「自社の求める人材要件に見合う人物を10名採用する」といった採用目標を設定した企業の場合、どのような振り返りをすればいいのかについて考えてみましょう。

まず、量的な視点での振り返りとしては、エントリー者数、セミナー参加者数、選考段階ごとの受検者数・合格者数・不合格者数、内定者数、辞退者数などの量的データを利用して、下表のように経年での比較を行うとよいでしょう。

エントリー者数、セミナー参加者数、選考段階ごとの受検者数・合格者数・不合格者数、内定者数、辞退者数などの量的データ

一方、検証・評価対象となり得る質的な情報としては、SPI3などの適性検査の結果やアンケートなど、以下のようなものが考えられます。

検証・評価対象となり得る質的な情報

このような集計・分析をもとに、採用プロセス全体を通じて、どこがうまくいってどこがうまくいかなかったのかを検証・評価することで、次年度の採用につながる振り返りが可能になります。その際は、「予想と異なった点を重視する」「一般的な参照データと比較しながら解釈する」「複数の観点から総合的に解釈する」といった観点が有効です。前述した適性検査SPI3の結果やアンケートなどのデータがお手元にございましたら、ぜひ集計・分析をお試し下さい。

  • ReCoBookBlog
  • リクナビダイレクト 掲載料、採用決定料0円
  • リクナビ2017 掲載企業数NO.1!
  • 人事向けノウハウサイト 採用成功ナビ 新卒
  • 中途採用なら 採用成功ナビ
  • リクルートキャリアのサービス紹介サイト 人事採用ナビ
  • 就職SHOP

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ