1. TOP
  2. 特集・コラム
  3. コラム-採用
  4. 採用売り手市場での内定者フォローのポイント

コラム-採用

2006年08月採用売り手市場での内定者フォローのポイント

内定者を取り巻く環境

まずは、昨今の内定者について、企業の採用活動と内定者の価値観の両面から考えてみましょう。

内定期間の長期化と採用の通年化

採用意欲が高まる一方で、「"量"を目指しつつ"質"も落とさない」という企業は多く、優秀な学生をめぐり、企業間の争奪戦が激化しています。

学生に対して、早くから内定を出し、人材確保を行っている企業も多いでしょう。一方、内定者数が目標に満たない場合、「秋採用」「通年採用」を視野に入れている企業も少なくありません。

現在内定者を持つ企業にとっては、フォローすべき内定期間が長期化しているだけでなく、その間にも学生が別の企業の選考に参加し、入社意思を翻す可能性もあるのです。そのため、入社に向けた長期の計画的なフォロー施策を検討して実施することが、重要になっています。

内定者の成長意欲の高まり

昨今の学生は、特徴的に次のような環境下で育っています。

  • 子供の数の少ない家庭で、「自律性」や「自分らしさ」を持つことが良いとして大切に育てられている
  • 親世代が終身雇用や年功序列といった「既存の価値観・制度」の崩壊に直面し、
    苦悩する姿を見てきている

結果として、会社組織への依存心は薄い一方、自分の目的を明確に持ち、具体的な成長のシナリオをイメージしながら、着実に成果を積み上げていきたいという欲求が強くなっています。

そのため、内定期間中も、会社の様子を知ろうとするだけでなく、成長するために必要な知識やスキルを定め、その習得に向けて積極的に努力しようとします。企業の採用担当者への、「入社前にどのような準備をしておけば良いか」「何か読んでおいた方が良い本はないか」などの問い合わせも多く、企業に対し、懇親会の場を設けるだけでなく、必要なスキルや知識を提示することを求めます。内定期間にできるだけ準備をして安心したいという学生が多くなってきているのです。

学生の思考や価値観を十分に理解し、企業とのマッチングを再度行うとともに、彼・彼女らの成長意欲を引き出すフォロー施策が重要になっています。

  • ReCoBookBlog
  • リクナビダイレクト 掲載料、採用決定料0円
  • リクナビ2017 掲載企業数NO.1!
  • 人事向けノウハウサイト 採用成功ナビ 新卒
  • 中途採用なら 採用成功ナビ
  • リクルートキャリアのサービス紹介サイト 人事採用ナビ
  • 就職SHOP

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ