1. TOP
  2. 特集・コラム
  3. コラム-定着 / 配属 / 育成
  4. 新人の定着を見据えた内定フォローのポイント

コラム-定着 / 配属 / 育成

2007年11月新人の定着を見据えた内定フォローのポイント

内定フォローの重要性

企業の採用選考にかかる期間は集中し、学生にとってある程度の選択肢があるとはいえ、限られた接点で会社選びをしなければなりません。
4月上旬で採用および就職活動を終える企業や学生が少なくない中で、長い場合は内々定から入社までおよそ1年もの時間があります。その間、企業と学生はどのようなコミュニケーションを取ることが必要なのでしょうか。

目指す状態としては、学生が自己・相互・仕事・自社のそれぞれの理解を深め、自分の働くイメージを具体的に持てていることですが、それを実現するための最大のポイントは選考から内定、入社に至るまでの「動機づけ」です。

動機づけのコミュニケーションを内定フォローとして取ることによって、学生はイキイキと働く自分をイメージでき入社する意向を一層固め、ひいては長期的な定着・戦力化も実現できると考えます。
以下3点が、具体的に「動機づけ」するためのポイントです。

図:動機づけポイント

上記3つのポイントを踏まえたうえで、具体的な内定フォロー施策立案時の考え方を次項でご紹介いたします。

  • ReCoBookBlog
  • リクナビダイレクト 掲載料、採用決定料0円
  • リクナビ2017 掲載企業数NO.1!
  • 人事向けノウハウサイト 採用成功ナビ 新卒
  • 中途採用なら 採用成功ナビ
  • リクルートキャリアのサービス紹介サイト 人事採用ナビ
  • 就職SHOP

ページの先頭へ

Recruit Career Co.,Ltd.
リクルートグループのサイトへ